安心できるサービスが魅力のディアライフ

タイバンコク

1.ディアライフってどんな会社?

ディアライフはタイのバンコクで不動産取り扱っている会社です。
海外の中でもバンコクは日系の住民が多く、旅行以外でも実際に住んでいたり、短期滞在をしているという人も多いようです。

しかし、日本人が多いとはいえ、日本国内ではなく海外になるために、日本で不動産を探すような手軽さはありません。
もしも、住むところを探したいと思った時には、実際に不動産会社を尋ねないといけないところが多く、物価が違うために家賃の相場も日本とは違ってきます。

日本国内であれば、だいたいの相場の目途がたちますが、海外に行くとその常識は通用しません。

バンコクの場合には日本よりも物価が安いので、家賃も安くなっていますが不動産屋に聞かれた希望の家賃よりも安い物件は見せてもらうことが難しいようです。

不動産屋にとっては高い家賃の物件を借りてもらうほうが儲けが大きくなるからだと思われます。
また、バンコクでは日本人はお金持ち扱いをされるので、なかなか借り手のつかない家賃の高い物件ばかり紹介されることも珍しくないようです。

日本国内で探す時のように丁寧な説明をしてくれるところもほとんどありませんし、よほど現地に慣れている場合を除いて、希望通りの物件を見つけることは至難のわざとも言えるでしょう。

2.日系企業なので日本語での説明を受けられる

そういった時に利用して欲しいのがディアライフです。
日系企業なので日本語での説明を受けられますし、ホームページでは色々な情報を見ることができます。

バンコクでの暮らしの情報も載っているので不動産物件が決定した後も役立つ情報が満載です。
ディアライフの特徴はなんといっても日本人スタッフの多さでしょう。

英語や現地の言葉で交渉することは難しく、細かなニュアンスの違いを伝える時には、やはり日本語を使いたくなるものです。
さらに日本人スタッフならではの心遣いの細かさも海外では貴重なものになるでしょう。

日本に住んでた頃には当たり前に受けられていたサービスが、海外ではいかにいかに特殊なものだったのかを思い知ることになりますが、ここでは手厚いサービスが常に受けられます。

3.現地スタッフだけでなくきちんと不動産会社のスタッフが同行

実際に物件を借りる時には、ここのスタッフが同行してくれて室内や床の状態、家具類のチェックや鍵の受け渡しを行います。
現地スタッフだけでなく、きちんと不動産会社のスタッフが同行することで安心して物件を借りることができるでしょう。

バンコクならではの常識のようなものがわからない時には、詳しい説明をお願いすれば、バンコクでの暮らしになれているスタッフからアドバイスをもらうこともできます。

初めて不動産を借りるという時には、そういったアドバイスがかなり心強く感じると思います。

ここで取り扱っている物件の契約書は日本での宅地建物取引業法の定めた有資格者が事前に確認をしているという安心感がモテルところも大きなメリットです。

宅地建物取引主任者の資格をもつスタッフがいるということで、専門の知識を生かした対応を受けられます。
不動産関連のことは専門的な内容が多く、日本国内でも理解することが難しいものがたくさんあります。

それが海外の物件ともなると、さらに難しく理解できる人はわずかな数になってしまうでしょう。
そういったトラブルに巻き込まれないようにするためにも、有資格者に対応してもらえるというのは非常に心強いことです。

4.ディアライフでは入居前に電気、水回り、電化製品、家具などの20項目以上についてチェックを行っている

また海外での心配はインフラがきちんと使えるかどうかということです。
例えば急に電気が使えなくなるといったトラブルは日本よりも頻発するものです。

ディアライフでは入居前に電気、水回り、電化製品、家具などの20項目以上についてチェックを行っているので安心して新生活を始められます。
もちろん、入庫後のトラブルに関しても十分な対応をしており、アフターサービスにも重点を置いています。

その物件を利用している機関は入居から退去するまで常に専任のスタッフがトラブルに対応しており、インタネット、ウォッシュレットやメイドサービスなどの申込なども行っています。

日本国内では経験したことがないようなメイドサービスもバンコクでは日常的に使われているものです。

家事を代行してもらうことが珍しくない場所なので、たくさんの人がメイドサービスを利用していますが、使ったことがない場合には使い方に関しての不安がでてしまうでしょう。

1人では申込の仕方がわからないという時にはディアライフのスタッフに依頼すれば、相談にのってもらえます。
生活の中で困ったことがあれば、ここに連絡をすれば良という場所があるのは海外生活でとても大切なことです。

特に日本のようなサービスがない場所では、自分自身で対応しなくてはいけないことが多く、住居の設備の故障の際には生活が中断し困ることがあります。

言葉や習慣の違う場所で同じ日本人に対応してもらえるという安心感をもって生活できることがディアライフを利用する時の大きなメリットです。
バンコクで物件探しをする時には。ぜひ使ってみてください。

ディアライフ安藤より引用