ファクタリングによる資金調達

ファクタリングについて解説

ファクタリングは、企業が未回収の売掛債権を売却して現金化する方法です。
入金されるまで時間のかかる売掛債権を前倒しで現金化できるため、資金繰りを良くできるのが特徴です。

なお、売却した債権に対して一切の責任を負う必要はありません。
審査で安全性を確認した上で利用を認めているので、売掛先が倒産して回収できなくなった場合でも、それを支払う義務はないので安心です。
負債の扱いにならないので貸借対照表をスリムにできます。

手数料には注意が必要

ファクタリングには手数料がかかりますが、融資ではないので現状は法律で規制されていないことには注意が必要です。
高いところでは30%も支払う場合があり、大きな支出になるため、必ず比較して手数料の少ないところを利用した方が良いです。

ファクタリングを利用する方法に、売掛先を通さなくて済む2社間と、売掛先も交渉に含める3社間があります。
この2つには大きな違いがあるので、どちらで行うのが適切であるのか検討が必要です。

2社間と3社間の手数料の違いについて

2社間のメリットは売掛先に利用したことを知られず、手続きも簡単なことですが、手数料が高いのがデメリットです。
審査で事業実績などの確認をしていますが、それでも絶対に売掛債権に支払いが行われる保証はありません。
この危険性が高いため、手数料を高くして損失を抑えられる仕組みになっています。

3社間で行う場合には売掛先も含めて交渉を行うため、支払われない危険性が抑えられ、手数料が低くなるのがメリットです。
5%以下、低いところでは1%になるので、銀行で売掛債権を担保にして融資を受けるよりも負担は小さくなります。

デメリットは売掛先に利用が知られることと、承諾を得られなければ失敗することです。
売掛債権を活用するのが経営困難に陥っている状況ではないと理解されているのであれば知られても問題はありませんが、日本ではまだ正しい理解が広まっているとは言えません。

売掛先が確実に支払えるかが重視される

倒産の恐れがあると警戒されてしまうと、今後の取引から外される危険性があるため注意が必要です。

ファクタリングの審査も2社間と3社間で違いがあり、3社間の場合は売掛債権が移るので、自社の経営状況はあまり審査の対象にはなりません。
売掛先が確実に支払えるかが重視されるため、自社の状況が悪くても利用しやすいです。

2社間の場合は一度売掛先から自社に入金され、それを支払う形になり、入金の直後に倒産などが起きる危険性もあることから自社の信用性も審査で参考にされます。

 

出典元

1.ファクタリングの手数料を抑えられる!業者に納得しているもらうためのコツ3つ

証券会社で資産運用ができます

KOYO証券が語る資産運用の重要性

将来の生活資金のために早い内から資産作りを始めたいという希望を持っているものの、実際にどんな方法で資産を増やせばいいのかが今一つ分からないという方は若者だけでなく年齢を重ねた方にも多くいらっしゃいます。

お金は仕事をして稼ぐものであり、資産をどこかに預けて増やすなど考えもしなかったという中年世代が意外なほど多いからです。

しかし医療技術の発展や長生きするためにこんな生活スタイルをとるべきという指標の確立などから、日本人の平均寿命は更に延びて100歳まで生きることが珍しくない時代が来ると予想されています。

現状で既に日本人の平均寿命は先進国の中ではトップクラスなのですが、ここからもっと寿命が延びると国や大学の調査チームなどから報告が挙がっているのです。

だからこそよく分からないからと資産運用に手を出さないのは得策では無いと言えます。
働けない年齢になってからお金が尽きても、収入を得る術が見つからず困窮してしまうといった可能性があるためです。

自己判断で資産運用を行うのは不安がある、自身に合った資産運用の方法を専門家に教えてもらいたいという場合におすすめできるのがKOYO証券などに代表される対面式証券会社の利用です。

証券会社など株の売買しか出来ないのではないかと勘違いしていらっしゃる方も少なく無いでしょうが、一部の会社の場合投資信託が契約できたり提携している保険会社で貯蓄性の高い養老保険や老後に備えた個人年金も契約ができたりしています。

株取引以外の目的でも対面式の証券会社は活用できるようになっているのです。

ネット証券会社は手数料も安くおすすめ

資産運用の手段として株取引を組み入れてみたいけれど、株取引にかかる手数料の高さが気になるといった方はネット証券会社を利用してみるといいでしょう。

対面式の店舗と違い専門家に相談しながら株の売買はできませんが、非常に安い手数料で取引を済ませられますので最初から購入する株の銘柄や投資信託の種類が決まっているようなら、店舗で契約を結ぶより手数料が抑えられてお得です。

しかもネットで手続きが完了することから株式市場が開いている時間帯なら株を買いたい、株を売りたいと思い立ったタイミングですぐに売買が完了するというメリットがあります。

確実に値上がりするであろう株を最適なタイミングで買いたい場合や、ネガティブなニュースが流れて確実に値崩れするであろう保有銘柄を素早く手放したい場合などに便利になっています。

株は長期間保有して所持している株の多さに比例して支払われる配当金を得るか、株価が値上がりをしたタイミングで売却を行い買ったときとの差額で儲けるかのどちらかで地益が獲得できます。

株価のチェックを定期的に行い、買ったときに比べて価格が横ばいか下がっているようなら配当金目的でのホールドを、大幅な株価の上昇が見込めるようなら下落の前に利益確定のための売り注文を出すようにするのが賢い投資の方法だと言えるでしょう。

証券会社によっては売り注文や買い注文のタイミングを電話で報せてくれるところも実在していますので、頻繁に株価のチェックをするのが面倒だと感じてしまうような方は担当が付きやすい対面式の会社を選択することをおすすめします。

初心者の方はまずは現物取引から初める

私自身も将来に備えて余剰資金をKOYO証券に移して、株の取引をすることで不労所得を得ています。
主にネット証券を利用して3ヶ月から半年に1回程度のペースで取引を行っていますが、システムトラブルなどに巻き込まれたことは一切ありませんので取引自体は安定的に行えていると言えるでしょう。

これからお金を増やすために株取引を始めることを検討している方にアドバイスするなら、まずは現物取引から初めてリスキーな信用取引は十分に慣れてきた頃に行うべきだということです。

株取引には現在自身が所有している資産の範囲のみで行う現物取引と、保有資産を上回る倍率で行う信用取引があり、現物取引なら最悪の場合でも株価がゼロになるだけで済みますが信用取引だとゼロどころかマイナスになってしまう恐れがあります。

信用取引は取引の際に設定した倍率によって儲けも数倍になれば損失も数倍になるので、最初の内は現物取引だけを実施して株取引の感覚を掴むように努めてみてください。
その上で信用口座を開くことを検討するといいでしょう。

私の場合株以外にも保険や外貨など複数の方法で資産運用を行っていますので、リスクマネジメントのために資産の流入先を分散さえておくことも重要なのだと捉えておいてほしいです。

例えば株で大きな損失を出してしまったとしても、保険や外貨の収益でカバーできれば生活費に困ることはありません。
3種類から4種類程度の分散が理想だとされていますので、面倒でも複数の金融商品に手を出すことを推奨します。

馴染んでしまえば株取引はちょっとした買い物程度の感覚で出来るようになりますので、怖がらずに将来に備えて一歩を踏み出すことも合わせておすすめします。

KOYO証券より引用

賃貸の連帯保証人の選び方と自分がなる場合に気をつけたいことを全保連さんに聞いた

連帯保証人の必要性とは

賃貸物件を借りるにあたり連帯保証人が多くの場合必要となります。
どのような人を選べばよいかわからないという人も多いかもしれませんが、そもそも連帯保証人がなぜ要求されているのかを知る必要もあります。

賃貸契約とは、借り主が家賃を支払ってその部屋に住むという契約を意味しています。
この家賃が契約に基づいて毎月定期的に支払うものであったり、場合によっては1年分を前払いするケースもあるでしょう。

すべての人がこのような支払いのルールを守っていれば特に問題は起きません。
しかし中には定期的に家賃を支払わなかったり、長期的に家賃を滞納する人も見られます。

このような借り主に限って家賃を支払うこともなく居住し続けるというケースも多く見られます。
これは貸す側から見れば非常に迷惑であり、このために連帯保証人が要求されることとなります。

<どんな人でも連帯保証人になれるの?>

もしも家賃を支払うことができなかった場合には、その家賃を肩代わりする役割を持つ人が必要であり、それが連帯保証人です。
実際に選ぶ場合には様々な条件を満たす必要があります。

その条件としてまず第一に資力が挙げられます。
しっかりと仕事をしていて定期的な収入があり、また家賃が滞納された場合にはそれを補充する財力がなければなることができません。
そして身元が信頼できることも重要となるでしょう。

このようなことから少しの知り合い程度では引き受けてくれる人は少ないでしょう。
そのため両親をはじめとした親族が中心となりますが、依頼された人物は保証人承諾書への実印と押印、印鑑証明、収入証明が必要となります。

しかしこれらの書類がそろえば大丈夫というわけではなく、家賃を肩代わりする役目になってもらうからには、それ相応の収入が必要となります。
明確な年収の最低限度額があるわけではありませんが、一般的には貸し主が考える基準で決まります。

親が高齢で収入がなかったり少ない場合には認めてもらえなかったり、もう一人立てることにより契約まで進むことも見られます。
反対に自分がなってほしいと頼まれた場合には、このように責任の重さがのしかかるためできることなら頼まれてもやりたくはないでしょう。

以前は地方から上京する人の多くは近くに身寄りがないので、勤務先の上司や状況先の近くにいる親戚などに依頼することが見られましたが、近年では近くにいることよりも実の親子や兄弟などの親族に依頼するケースが増えています。

<連帯保証人は借主と同様の責任を負う>

確実に家賃を回収することができる人を希望するので、家族を選ぶということです。
もし依頼を引き受けた場合には、借り主が家賃を払わないのであれば、当然代わりに家賃を支払わなければなりません。

そのほかに家賃だけではなく電気やガス、水道などの公共料金に関しても滞納しているのであれば、代わりに支払う必要があります。
もしも借り主がたばこの不始末などによって火災が発生したり、故意過失によって部屋に傷を残してしまったような場合には、同じように責任を負わなければなりません。

自分が部屋を借りているわけではないのに、借りた人物と全く同じ責任を負わなければならないということです。
誰かに頼まれた時にはこれらのことをしっかりと思いだし、反対に誰かにお願いする際にもこれらの責任の重さをしっかりと思い出し、相手に迷惑がかからないように努める必要があるでしょう。

<全保連などの家賃保証会社の存在>

しかし場合によっては連帯保証人がつけられないという場合もあるかもしれません。
その際には家賃保証会社をつけるという手段が挙げられます。

家賃保証会社とは、もしも家賃を延滞してしまった際に立て替え払いをしてくれる会社のことを指し、家賃支払いの連帯保証を行う代わりに、契約者から保証料を受け取るというものです。

利用形態は様々ですが、利用者が連帯保証人の代わりとして利用するケースもあれば、不動産会社が指定する保証会社に加入しなければならないケースも見られます。

保証料の相場としてはおおよその場合月額家賃の30パーセントから100パーセントほどといわれています。
また更新保証料として月額家賃の合計に対して10パーセント、もしくは1万円程度がかかります。

もしも20万円もかかるような高額な家賃の場合には比較的低い30パーセントほどとなりますが、一人暮らし向けの賃貸の場合には100パーセントなど、物件によりその保証料は異なります。

<入居審査よりも厳しい審査が行われる>

必要となる書類は多くの場合入居審査の書類と同じです。
家賃保証会社とはいえ、審査もなく家賃を保証してくれるわけでなく、入居審査よりも厳しい審査が行われることとなります。
個人の場合には家賃保証会社用の申込書、身分証明書、収入証明書、在籍証明書などが必要となります。

まず最初に書類審査が行われ、その後物件や管理会社の確認が行われます。
本人と連絡先の交換を行い、審査を経たのちに契約者へ結果が通達されることとなります。

もしも審査に通らなかったけれども気に入った物件をあきらめたくないという場合には、改めて交渉してみるのも一つの手段です。
家賃を年間払いにしたり、敷金の上乗せなどに応じることで、審査の承認を得られるケースも見られます。

引用:全保連保証人

規模の大きさが魅力のドスパラ

なぜドスパラは評判が悪い?

ドスパラはパソコンやパーツの販売をしているショップの中では最大手クラスだけあって、全国各地に店舗を構えています。

何かと話題になりやすく賛否両論入り交じるこの店ですが、悪い評判が多くなってしまうのも利用者の数が多いということが理由の一つになっています。

パソコンのことがあまり詳しくない初心者であっても利用をしやすい店だけに、一度トラブルに巻き込まれてしまうとどうしても悪い印象を持ってしまうことになりますから、悪い評判というのは目につきやすくなります。

良い噂よりも悪い噂のほうが人間の心理として広まりやすく信じられやすいので、悪評が多くなってしまうというのは仕方のない部分と言えます。

最近ではそのような傾向が減ってきていますが、パソコン関連の店というのは店員も客も知識があることを前提としているふしがありましたから、トラブルが起きたとしても自己解決をする人が多くいました。

また、パソコンいじりのハードルというのも一昔前までは高かったこともあって、初心者が入りづらい雰囲気がありましたが近年は情報も増えて誰でも気軽にパソコンを購入したり自作をしたりするようになったことから、初心者の数も増えてきました。

そうなると初心者ゆえのトラブルというのも増えてきて、大手で店舗数が多く初心者でも利用しやすいドスパラというのはどうしてもトラブルの件数自体は増えてしまうため、評判は悪くなってしまう傾向にあります。(※参考サイト:ドスパラ評判購入ナビ

ドスパラは本当に悪いお店?

それでは実際にはドスパラというのは悪い店なのかというと、決してそのようなことはなく、初心者には利用をしやすい店だといえます。

単純に店舗数が多いので最寄りのパソコンショップとして利用をしやすいというところもありますし、規模が大きいことから安心感があるというものもあります。

パソコンショップというのは無数にあって、名前も聞いたことがないような店も少なくありません。

無名の店が必ずしも悪い店とは限りませんが、このような店の中には信用が乏しくトラブルがあっても対応をしてくれなかったり購入直後に倒産をしてしまって、通販を利用したりしていた場合にはお金だけ取られて商品が送られてこないということも考えられます。

ドスパラであれば無名のパソコンショップと比較をすると規模が段違いですから、突如として倒産をしてしまうというリスクも少ないものであり、安心して利用をすることができるのは大きな強みといえます。

どちらかと言えば初心者から中級者向けの店であるだけに、玄人にとっては物足りなさがあるかもしれませんが、初心者や中級者にとっては必要十分なものが揃っているというのも魅力のひとつです。

BTOパソコンは基本を抑えたものが販売されていて、企業としての規模の大きさもありスペックに対して手頃な価格で購入できるものが多いので、とりあえず適当なパソコンが欲しいという時に役立ちます。

パーツに関してもマニアックな商品は少ないもののこちらも基本を抑えたもの、主流や人気の商品の取り扱いに関しては必要十分なものがあり、余程自作パソコンやカスタムに力を入れているという人以外は満足できるラインナップとなっています。

大手だけに人気商品の取り扱いに関しては他店よりも早い部分がありますから、マニアックな商品は少なくても誰もがすぐに試したくなるような目玉商品に関しては入手しやすいというのもこの店の大きなメリットだと言えるでしょう。

ドスパラはパソコンやパソコンパーツが充実

このように大手らしく必要なものは十分に手に入り、店舗数の多さや企業としての規模の大きさからの安心感もあるため、初心者は利用しやすい店だといえます。

ただし、一昔前と比較をするとそこまで知識が必要なくなったとはいえ、知識がほとんどない人がトラブルに巻き込まれてしまうと解決が難しいという問題があります。

商品の品質というのはどこの店を利用しても同じであるため、ドスパラだから品質が悪いということもなければ良いということもありません。

問題が発生した時には消費者側が最低限どのような問題が発生したのかということを店側に伝える能力が必要ですから、それができない人だと何かあった時に不満を感じやすくなってしまうといえます。

問題が発生するかどうかというのは店は関係ないということを理解した上で、最低限の知識さえあれば安心感のある店となっているだけに、パソコンを購入しようと考えていたりパーツが欲しい時には頼りになる店であることは間違いないと言えるでしょう。

評判があまり良くないから駄目な店だと決めつけるのもよくありませんし、逆に大手だから何があっても安心だと信用しすぎるのも問題です。

特徴を理解した上で利用をするには非常に便利で役立つ店なので、パソコンやパソコンパーツというのはどのようなものなのかということを知識として身につけておきましょう。

正しい知識があれば評判に惑わされることなく、便利に利用をすることができるのでドスパラパソコン関連の商品を買うには役立つ店です。

高齢者マンションの基本と購入する際の選び方

高齢者マンションのサービス

高齢者マンションとは基本的に自立や支援を要する高齢者を受け入れるマンションのことを指し、多くの場合家事を施設のスタッフに依頼することができるなどのサービスが整っている施設を指します。

介護サービスはないところがほとんどですが、老後の生活を快適なものとするために、高齢者の終の住処として近年人気を呼んでいます。

もちろん高齢者が生活する場所であるために、手すりや段差をなくした室内など、バリアフリーにも対応しています。

しかし実際に入居した後に介護の必要が出てきた場合には、退去しなければならない可能性が高いでしょう。

もしも分譲の高齢者マンションの場合には、退去しなければならなくなった際には、売却や賃貸などの相談をすることができます。

高齢者マンションの多くは、生活にゆとりのある富裕層に焦点を当てたものであるケースが多く見られます。

施設スタッフによって見守ってもらえたり、食事や洗濯、掃除、さらには緊急時にも対応してもらえるため、高齢になって一人暮らしになった高齢者や、子供が遠方で暮らしている場合など、高齢者夫婦だけでの生活が難しくなってきた場合におすすめと言えるでしょう。

資産や収入などの審査を受ける必要があるケースも

高齢者マンションによっては、共同の設備を利用して他の高齢者とコミュニケーションをはかることができたり、フィットネスルームやジム、プールやアトリエなど、様々な趣味にも対応しているところもあります。

このような富裕層向けのマンションに入居する場合には、資産や収入などの審査を受ける必要が出てくるでしょう。

このような高齢者マンションを購入する際には、様々な注意点があります。

そろそろ老後のことを考えてマンションのモデルルームに見学に行ったり、資料を取り寄せることもあるでしょう。

まだまだ軽い気持ちで行ったはずが、担当者が自宅に押しかけてくることもあると言われています。

そこから長時間にわたり勧誘が続き、疲れてきたところで無理矢理勧誘されることも実際に起きているため、契約を迫られたとしても、家族と相談するといってその場では決して契約をしないようにしましょう。

すぐには契約することができない、契約のためには時間が必要だと伝えているにもかかわらず、それに応じてもらえない場合には法律違反にもあたるので、これを指摘することによって相手も強くは言えなくなることでしょう。

もしも契約してしまったとしてもクーリングオフが適用されるため、素早く対処するようにしましょう。

 

おすすめコンテンツ

高齢者マンション「LIVE WELL」のお部屋のタイプと費用について