カテゴリー別アーカイブ: 不動産

安心できるサービスが魅力のディアライフ

タイバンコク

1.ディアライフってどんな会社?

ディアライフはタイのバンコクで不動産取り扱っている会社です。
海外の中でもバンコクは日系の住民が多く、旅行以外でも実際に住んでいたり、短期滞在をしているという人も多いようです。

しかし、日本人が多いとはいえ、日本国内ではなく海外になるために、日本で不動産を探すような手軽さはありません。
もしも、住むところを探したいと思った時には、実際に不動産会社を尋ねないといけないところが多く、物価が違うために家賃の相場も日本とは違ってきます。

日本国内であれば、だいたいの相場の目途がたちますが、海外に行くとその常識は通用しません。

バンコクの場合には日本よりも物価が安いので、家賃も安くなっていますが不動産屋に聞かれた希望の家賃よりも安い物件は見せてもらうことが難しいようです。

不動産屋にとっては高い家賃の物件を借りてもらうほうが儲けが大きくなるからだと思われます。
また、バンコクでは日本人はお金持ち扱いをされるので、なかなか借り手のつかない家賃の高い物件ばかり紹介されることも珍しくないようです。

日本国内で探す時のように丁寧な説明をしてくれるところもほとんどありませんし、よほど現地に慣れている場合を除いて、希望通りの物件を見つけることは至難のわざとも言えるでしょう。

2.日系企業なので日本語での説明を受けられる

そういった時に利用して欲しいのがディアライフです。
日系企業なので日本語での説明を受けられますし、ホームページでは色々な情報を見ることができます。

バンコクでの暮らしの情報も載っているので不動産物件が決定した後も役立つ情報が満載です。
ディアライフの特徴はなんといっても日本人スタッフの多さでしょう。

英語や現地の言葉で交渉することは難しく、細かなニュアンスの違いを伝える時には、やはり日本語を使いたくなるものです。
さらに日本人スタッフならではの心遣いの細かさも海外では貴重なものになるでしょう。

日本に住んでた頃には当たり前に受けられていたサービスが、海外ではいかにいかに特殊なものだったのかを思い知ることになりますが、ここでは手厚いサービスが常に受けられます。

3.現地スタッフだけでなくきちんと不動産会社のスタッフが同行

実際に物件を借りる時には、ここのスタッフが同行してくれて室内や床の状態、家具類のチェックや鍵の受け渡しを行います。
現地スタッフだけでなく、きちんと不動産会社のスタッフが同行することで安心して物件を借りることができるでしょう。

バンコクならではの常識のようなものがわからない時には、詳しい説明をお願いすれば、バンコクでの暮らしになれているスタッフからアドバイスをもらうこともできます。

初めて不動産を借りるという時には、そういったアドバイスがかなり心強く感じると思います。

ここで取り扱っている物件の契約書は日本での宅地建物取引業法の定めた有資格者が事前に確認をしているという安心感がモテルところも大きなメリットです。

宅地建物取引主任者の資格をもつスタッフがいるということで、専門の知識を生かした対応を受けられます。
不動産関連のことは専門的な内容が多く、日本国内でも理解することが難しいものがたくさんあります。

それが海外の物件ともなると、さらに難しく理解できる人はわずかな数になってしまうでしょう。
そういったトラブルに巻き込まれないようにするためにも、有資格者に対応してもらえるというのは非常に心強いことです。

4.ディアライフでは入居前に電気、水回り、電化製品、家具などの20項目以上についてチェックを行っている

また海外での心配はインフラがきちんと使えるかどうかということです。
例えば急に電気が使えなくなるといったトラブルは日本よりも頻発するものです。

ディアライフでは入居前に電気、水回り、電化製品、家具などの20項目以上についてチェックを行っているので安心して新生活を始められます。
もちろん、入庫後のトラブルに関しても十分な対応をしており、アフターサービスにも重点を置いています。

その物件を利用している機関は入居から退去するまで常に専任のスタッフがトラブルに対応しており、インタネット、ウォッシュレットやメイドサービスなどの申込なども行っています。

日本国内では経験したことがないようなメイドサービスもバンコクでは日常的に使われているものです。

家事を代行してもらうことが珍しくない場所なので、たくさんの人がメイドサービスを利用していますが、使ったことがない場合には使い方に関しての不安がでてしまうでしょう。

1人では申込の仕方がわからないという時にはディアライフのスタッフに依頼すれば、相談にのってもらえます。
生活の中で困ったことがあれば、ここに連絡をすれば良という場所があるのは海外生活でとても大切なことです。

特に日本のようなサービスがない場所では、自分自身で対応しなくてはいけないことが多く、住居の設備の故障の際には生活が中断し困ることがあります。

言葉や習慣の違う場所で同じ日本人に対応してもらえるという安心感をもって生活できることがディアライフを利用する時の大きなメリットです。
バンコクで物件探しをする時には。ぜひ使ってみてください。

ディアライフ安藤より引用

賃貸の連帯保証人の選び方と自分がなる場合に気をつけたいことを全保連さんに聞いた

連帯保証人の必要性とは

賃貸物件を借りるにあたり連帯保証人が多くの場合必要となります。
どのような人を選べばよいかわからないという人も多いかもしれませんが、そもそも連帯保証人がなぜ要求されているのかを知る必要もあります。

賃貸契約とは、借り主が家賃を支払ってその部屋に住むという契約を意味しています。
この家賃が契約に基づいて毎月定期的に支払うものであったり、場合によっては1年分を前払いするケースもあるでしょう。

すべての人がこのような支払いのルールを守っていれば特に問題は起きません。
しかし中には定期的に家賃を支払わなかったり、長期的に家賃を滞納する人も見られます。

このような借り主に限って家賃を支払うこともなく居住し続けるというケースも多く見られます。
これは貸す側から見れば非常に迷惑であり、このために連帯保証人が要求されることとなります。

<どんな人でも連帯保証人になれるの?>

もしも家賃を支払うことができなかった場合には、その家賃を肩代わりする役割を持つ人が必要であり、それが連帯保証人です。
実際に選ぶ場合には様々な条件を満たす必要があります。

その条件としてまず第一に資力が挙げられます。
しっかりと仕事をしていて定期的な収入があり、また家賃が滞納された場合にはそれを補充する財力がなければなることができません。
そして身元が信頼できることも重要となるでしょう。

このようなことから少しの知り合い程度では引き受けてくれる人は少ないでしょう。
そのため両親をはじめとした親族が中心となりますが、依頼された人物は保証人承諾書への実印と押印、印鑑証明、収入証明が必要となります。

しかしこれらの書類がそろえば大丈夫というわけではなく、家賃を肩代わりする役目になってもらうからには、それ相応の収入が必要となります。
明確な年収の最低限度額があるわけではありませんが、一般的には貸し主が考える基準で決まります。

親が高齢で収入がなかったり少ない場合には認めてもらえなかったり、もう一人立てることにより契約まで進むことも見られます。
反対に自分がなってほしいと頼まれた場合には、このように責任の重さがのしかかるためできることなら頼まれてもやりたくはないでしょう。

以前は地方から上京する人の多くは近くに身寄りがないので、勤務先の上司や状況先の近くにいる親戚などに依頼することが見られましたが、近年では近くにいることよりも実の親子や兄弟などの親族に依頼するケースが増えています。

<連帯保証人は借主と同様の責任を負う>

確実に家賃を回収することができる人を希望するので、家族を選ぶということです。
もし依頼を引き受けた場合には、借り主が家賃を払わないのであれば、当然代わりに家賃を支払わなければなりません。

そのほかに家賃だけではなく電気やガス、水道などの公共料金に関しても滞納しているのであれば、代わりに支払う必要があります。
もしも借り主がたばこの不始末などによって火災が発生したり、故意過失によって部屋に傷を残してしまったような場合には、同じように責任を負わなければなりません。

自分が部屋を借りているわけではないのに、借りた人物と全く同じ責任を負わなければならないということです。
誰かに頼まれた時にはこれらのことをしっかりと思いだし、反対に誰かにお願いする際にもこれらの責任の重さをしっかりと思い出し、相手に迷惑がかからないように努める必要があるでしょう。

<全保連などの家賃保証会社の存在>

しかし場合によっては連帯保証人がつけられないという場合もあるかもしれません。
その際には家賃保証会社をつけるという手段が挙げられます。

家賃保証会社とは、もしも家賃を延滞してしまった際に立て替え払いをしてくれる会社のことを指し、家賃支払いの連帯保証を行う代わりに、契約者から保証料を受け取るというものです。

利用形態は様々ですが、利用者が連帯保証人の代わりとして利用するケースもあれば、不動産会社が指定する保証会社に加入しなければならないケースも見られます。

保証料の相場としてはおおよその場合月額家賃の30パーセントから100パーセントほどといわれています。
また更新保証料として月額家賃の合計に対して10パーセント、もしくは1万円程度がかかります。

もしも20万円もかかるような高額な家賃の場合には比較的低い30パーセントほどとなりますが、一人暮らし向けの賃貸の場合には100パーセントなど、物件によりその保証料は異なります。

<入居審査よりも厳しい審査が行われる>

必要となる書類は多くの場合入居審査の書類と同じです。
家賃保証会社とはいえ、審査もなく家賃を保証してくれるわけでなく、入居審査よりも厳しい審査が行われることとなります。
個人の場合には家賃保証会社用の申込書、身分証明書、収入証明書、在籍証明書などが必要となります。

まず最初に書類審査が行われ、その後物件や管理会社の確認が行われます。
本人と連絡先の交換を行い、審査を経たのちに契約者へ結果が通達されることとなります。

もしも審査に通らなかったけれども気に入った物件をあきらめたくないという場合には、改めて交渉してみるのも一つの手段です。
家賃を年間払いにしたり、敷金の上乗せなどに応じることで、審査の承認を得られるケースも見られます。

引用:全保連保証人

東新住建で長く暮らせる注文住宅を

東新住建の外壁材

東新住建では長期優良住宅を注文住宅で建築しています。

良質な木材を使用するのはもちろんのこと、すべての資材にこだわりがありますので、担当者から説明してもらいましょう。

注目したいのは外壁材です。

外壁は住宅を保護する役割を担っています。

保護するだけではなく、さまざまな特性と効果が備わっています。

代表的なのものとして断熱性があります。

断熱性が優れていると、外気温度と室内温度とを干渉しすぎないように分離できますので、結露が発生しにくくなります。

室内で冷暖房を利用すると、効率が良くなります。

エアコンを使用した場合は、効率が良く稼働しますので、光熱費の節約効果も大きくなります。

住宅を保護しながら、断熱性を発揮できる外壁材は、住宅が完成してからの生活の利便性に重要になります。

光熱費の節約効果によって、家計への負担を軽減できるからです。

東新住建では、入居後の暮らしやすさと家計への負担軽減を目指して新築住宅を建築しています。

長期優良住宅のポイント

長期優良住宅は長持ちするだけでなく優良性も認められている住宅です。

長期優良住宅のポイントは、建築基準法の耐用年数である木造建築の30年を基準にするのではなく、欧米の木造住宅のように百年住宅を目指している点です。

実際に日本国内の木造建築住宅は、柱と梁の構造体が腐食しなければ長持ちしています。

腐食の要因は湿気です。

衛生害虫の繁殖の原因にもなる湿気を、いかにして適度に調整できるのかが課題になっています。

東新住建は外壁材に注目して、長持ちする外壁材を使用しています。

一般的な建売分譲住宅タイプのサイディングではなく、ALCコンクリート外壁材やタイル材を使用して施工します。

サイディングは湿気に弱いので、雨漏りトラブルが発生するとダメージが大きくて、新規交換が必要になってしまいます。

ALCコンクリート外壁材は湿度調整機能が働きますので、雨漏りトラブルが発生しにくく、万が一の結露や雨漏りにも強い耐久性を発揮できます。

もともと雨漏りが発生しないことを前提にして、雨には弱いのを承知でサイディングを使用して施工している戸建が多く、定期メンテナンスと適切なリフォームは必要不可欠です。

東新住建の長期優良住宅は、注文住宅としての定期メンテナンスを行い続けます。

雨と湿気に強い外壁材ですが、気象条件の変化などを注意深く観察しながら点検し、将来的にリフォームが必要になるのを見越して早期対応を実施します。

同じに見えるリフォームでも、傷んでから実施するよりも、傷む前に実施するので低コストで施工できるのが強みです。

出典:東新住建モデルハウスより

増えてきている家賃保証サービス

増加傾向にある家賃保証サービス

これまで、賃貸物件を利用したいと考えたら、連帯保証人が必要という事が一般的でした。

連帯保証人を頼める人がいる場合は問題がありませんが、頼める人がいなくて、悩んでしまうという人も少なくありませんでした。

連帯保証人が必要とされたのは、その物件に入居した人が家賃を滞納してしまった時、代わりに家賃を請求できるようにするためでした。

 

ただ、現在は連帯保証人ではなく、全保連のような家賃保証サービスを利用するという貸主が増えてきています。

これは、家賃の滞納が発生した時に、サービスを行っている業者が代わりに支払ってくれるというサービスです。

代わりに支払ってくれるといっても、立替という形の為、支払って貰った家賃は業者に返す必要があります。

滞納期間が長くなれば、それだけ返済額も大きくなる為、借りる側としては、代わりに立替をしてくれるからと、家賃の滞納を続けると、返済が難しい状態になってしまいます。

ただ、貸主としては、借り主が滞納をしても、家賃が入ってくる為、安心して貸す事が出来るようになります。


出典:全保連より

 

家賃保証サービスが普及した理由

全保連のようなサービスは、借り主が選んで利用するのではなく、貸主が貸す時の条件として、業者まで指定しているという事が一般的となっています。

更に、家賃保証のサービスに加入をしても、保証人が必要になるという事もある為、物件を借りる際には説明を良く聞いておく事が大切です。

そんな家賃保証サービスを利用する為には、最初にサービスを行っている業者にいくらかのお金を支払っておく必要があります。

金額は様々ですが、その分、物件を借りる際の初期費用はやや高くなります。

その為、利用をしたくないと考える人もいますが、利用が条件となっている場合は、従う必要があると考えておく方が良いでしょう。

 

このサービスが普及してきている背景には、連帯保証人の問題があります。

連帯保証人になってくれる人がおらず、物件を借りられないと困る人もいれば、連帯保証人になっても良いと言ってくれる人がいても、その人が高齢であれば、連帯保証人になれないという事もあります。

連帯保証人の問題で、物件を借りる事が出来ない人が増えると、貸主は物件の借り手が見つからない状態となります。

すると、家賃収入が入らない状態となり、貸主側が困る事になります。

家賃保証サービスは、こうした状態も改善してくれる効果を期待出来るサービスで、現在、利用する人が増えてきています。

これから賃貸物件を借りる時には、こうしたサービスについて知っておく事も大切です。

不動産担保ローンとはいったいどのような特徴を持つ金融商品なのか

多くの銀行で提供されているローン商品の一つに、不動産担保ローン(不動産担保融資)と呼ばれるものがあります。

これはその名の通り、土地や建物を担保とすることを条件に資金を借り入れることができるローンです。

不動産担保ローンでは、不動産という価値の高い財産を担保として提供しなければなりませんが、その代わりに低い金利で多額の融資を受けることができ、これがこのローン商品の最大のメリットとなっています。

カードローンは担保も保証人も不要な分、極度額は高めに設定されている金融機関でも1,000万円程度であり、利率もの上限も低めのところで15%前後となっています。

これに対して不動産担保融資の契約者に適用される金利はおおむねカードローンより低く、融資額についても担保物件の価値が十分あれば1億円を大きく超えるお金を一度に借り入れることができます。

また、金融機関によっては、多額の融資を受けられる不動産担保ローンをおまとめローンとして活用することができます。

おまとめローンとは、借り換えによって複数の借入先からの借入金をまとめることができる商品で、まとめる前のローンの金利が申し込もうとしている不動産担保ローンより高いものであれば、借り換えによって返済総額の減少が見込まれます。

不動産担保ローンでは、提供している金融機関ほぼ全てで事業以外の目的であれば使途が問われることはありません。

金融機関の中には事業資金としての活用も可能としている所がありますが、このような金融機関に申し込む場合は事業計画書や収支計画書などの資料を提出しなければならないので注意が必要です。

不動産担保融資の審査申し込みは専用の借入申込書を郵送することによって行います。

一部の金融機関ではホームページから審査を受け付けていますが、その場合であっても正式審査の段階で必要書類の送付を求められます。

借入申込書に添付しなければならないのは本人確認書類、収入証明書類、担保関係書類の3種類です。

本人確認書類としては、運転免許証やパスポート、健康保険証など、公的機関およびそれに準ずる機関が発行している身分証明書を利用することができます。

収入証明書類については、勤め人であれば源泉徴収票を、勤め人以外であれば確定申告書を提出するのが最良です。

用意するのは基本的には直近の分のみで良いですが、使途によっては2~3年分を用意しなければならない場合があります。

そして、不動産担保融資で最も重要なのは担保関係書類で、不動産の登記事項証明書や公図、固定資産税評価証明書、建築確認済証など、用意しなければならない書類はたくさんあります。

 

ニュース
不動産担保ローンとは
融資締め付けが始まった首都圏の不動産