カテゴリー別アーカイブ: 老後

霊園の特徴とは

▶️霊園について

霊園には大きく分けて民営と公営がありますが、一般的に民間の企業などが各団体や財団などから委託を受けて管理運営をおこなう民営霊園は、比較的柔軟に対応してくれるという点で人気が高くなっています。

民営の中には寺院などが境内以外の場所に造成し、宗派を問わず販売しているタイプも含まれています。
生前の購入が可能ですので、元気なうちに自分の足で理想の場所を探して契約することもできます。

ひとりで探す人も多いですが夫婦で探す姿もよく見かけられます。
また空きがあれば自分の好きな区画で契約をおこなうことができます。

広い園内で見晴らしのよい場所や風通しの気持ちよいところなどを選ぶという楽しさもあります。
さらに宗派などについても不問にしているところが多いですので自分の宗派に関係なく選ぶことができます。

民営が始まったのは公営や寺院だけではいずれ墓地が不足するのではないかという懸念からで、昭和30年ごろからスタートしたといわれています。
寺院の場合ですとまずはお寺の檀家にならなければなりません。

檀家になるということはそのお寺の維持にも役目を果たさなくてはならないので金銭的な負担も大きくなります。
また檀家ならではの仕事などもありますので個人への負担がさらに多くなります。

また公営はいつも募集があるわけではありません。
随時の募集で抽選という方法がとられることが多いですので、必ず応募した園に入れるというわけでないという不安定さもあります。

そのため比較的融通が利いて購入しやすさもある民営の人気が徐々に高まってきたとされます。

▶️民営の霊園は融通が利き利用しやすいので人気

民営は宗派などの申し込みの制限が少なく、いろいろなタイプの中から選べます。
また生前に購入が可能なところが多いですが、一般的に実は生前にお墓を購入することは「寿陵」といわれ、非常に縁起のよいことであるといわれています。そうした背景もあるため民営での生前購入が民営人気に拍車をかけています。

柔軟な対応の例としては墓石のデザインなども自由度が高いです。
一般的に寺院などでは墓石の形は決まっているところが多いですのでほかの人と同じような墓になります。
その点民営では自分の個性を生かした墓地を立てることが可能になります。

ペットと一緒にお墓に入ることができるところもあります。
自分の希望の墓石をデザインできたりします。

さらに民営ではお墓のイメージを一新するように明るく広々とし、まるで公園のような面持ちで整備されているところがほとんどで、法要などをおこなえる施設や売店なども充実しており手ぶらで参拝できるようになっています。

駐車場などもきちんと完備されているところが多くなっていますし、園全体の広さも十分あるところが多いようです。
駅近などであったり都心からのアクセスのよさを売りにしているところもあり、それぞれの霊園がその特徴を打ち出していますので、選択肢が広いことも人気の理由です。

▶️永代供養や個人墓、樹木葬などにも対応してくれるところもある

民営の場合、永代供養や個人墓が選べたり、樹木葬などにも対応してくれるところもあります。
特に永代供養は、後継者問題などの関係もあり、現在非常に人気が高くなっています。

民営は現代の需要に合わせ多様なニーズに対応しています。
ガーデニングタイプやバリアフリーの園もあります。

民営でできればよく検討しておいたほうがよい点として、墓石を契約する石材店に関しては「指定石材店制度」をとっているところもありますので事前にきちんと確認しておきましょう。また人気の園はすぐに区画が埋まってしまうため競争率が高くなりますので、気に入った場所があればすぐに申し込むようにします。

民営の場合、料金は基本的に管理料と永代使用料になります。
墓石を購入するときにはこれに墓石料がかかってきます。

ここでの永代使用料というのは墓石を立てる土地の権利のための費用になります。
これはその地価によって金額がかわってきます。
ですので立地によって費用には差が生じますし、同じ園内でも場所によって変わりますので、利用を検討している民営でよく確認するようにしましょう。

管理費に関しては一般的な相場は5000円から1万円ほどになりますが、これも都市部のほうが若干高めに設定されています。
管理費も永代使用料も公営より高めになります。

▶️まとめ

このように霊園は今はバラエティーも豊かであるため、選択肢が豊富になってきています。
地方ではまだそれほど浸透していませんでしたが近年のお墓を守ることに対して後継者問題や遠方で管理できないなどの理由で霊園という選択肢も増えてきています。

やはり自分の近くにお墓があれば気軽に訪れることもできますし、より先祖を身近に感じることができるようになります。
大変な法要などもまかせられるところもありますので、よく調べて選択することが重要です。

このような霊園は全国にありますしさまざまな特徴を生かしています。
終活のひとつとして自分のお墓についてあらためて考えるきっかけとなるでしょう。

 

※横浜市青葉区で霊園をお探しなら
横浜あおば霊苑

高齢者マンションの基本と購入する際の選び方

高齢者マンションのサービス

高齢者マンションとは基本的に自立や支援を要する高齢者を受け入れるマンションのことを指し、多くの場合家事を施設のスタッフに依頼することができるなどのサービスが整っている施設を指します。

介護サービスはないところがほとんどですが、老後の生活を快適なものとするために、高齢者の終の住処として近年人気を呼んでいます。

もちろん高齢者が生活する場所であるために、手すりや段差をなくした室内など、バリアフリーにも対応しています。

しかし実際に入居した後に介護の必要が出てきた場合には、退去しなければならない可能性が高いでしょう。

もしも分譲の高齢者マンションの場合には、退去しなければならなくなった際には、売却や賃貸などの相談をすることができます。

高齢者マンションの多くは、生活にゆとりのある富裕層に焦点を当てたものであるケースが多く見られます。

施設スタッフによって見守ってもらえたり、食事や洗濯、掃除、さらには緊急時にも対応してもらえるため、高齢になって一人暮らしになった高齢者や、子供が遠方で暮らしている場合など、高齢者夫婦だけでの生活が難しくなってきた場合におすすめと言えるでしょう。

資産や収入などの審査を受ける必要があるケースも

高齢者マンションによっては、共同の設備を利用して他の高齢者とコミュニケーションをはかることができたり、フィットネスルームやジム、プールやアトリエなど、様々な趣味にも対応しているところもあります。

このような富裕層向けのマンションに入居する場合には、資産や収入などの審査を受ける必要が出てくるでしょう。

このような高齢者マンションを購入する際には、様々な注意点があります。

そろそろ老後のことを考えてマンションのモデルルームに見学に行ったり、資料を取り寄せることもあるでしょう。

まだまだ軽い気持ちで行ったはずが、担当者が自宅に押しかけてくることもあると言われています。

そこから長時間にわたり勧誘が続き、疲れてきたところで無理矢理勧誘されることも実際に起きているため、契約を迫られたとしても、家族と相談するといってその場では決して契約をしないようにしましょう。

すぐには契約することができない、契約のためには時間が必要だと伝えているにもかかわらず、それに応じてもらえない場合には法律違反にもあたるので、これを指摘することによって相手も強くは言えなくなることでしょう。

もしも契約してしまったとしてもクーリングオフが適用されるため、素早く対処するようにしましょう。

 

おすすめコンテンツ

高齢者マンション「LIVE WELL」のお部屋のタイプと費用について

うつ病であっても該当している障害年金の受給について

現在ではストレス社会と呼ばれているように、何かとストレスを感じ取ってしまう方が多い傾向にあります。

特に会社勤めなどを行っている方の中には、いわゆるブラック企業に勤務してしまったり、超過勤務を継続して行う方、残業やプレッシャーの多い環境で仕事をしている方のケースでは、ストレスを強く感じてしまうことが多く、発散する前に病気にかかってしまうことも珍しいことではありません。

このような状態で病気にかかる可能性が高いものとしては、うつ病など不安障害などが該当しています。

うつ病にかかっていると自己判断することができた方の場合では、障害年金を受給できる可能性が高いので、まずは病院に行って診察を受けることが大切なことです。

障害年金に関しては、基本として初診日というものが非常に重要視されています。

初診日とは同一の病気で初めて病院にかかった日を指しているのですが、その際に加入をしていた年金によっても差が生じることになります。

例えば会社員の場合では厚生年金に加入をしていることになるので、過去1年以内に未納分が無い場合では、厚生1級から3級までが該当していることになります。

アルバイトやパートなどを行っている方、無職の方のケースでは、国民年金を支払っていることになるので、基礎1級から2級までが該当することになります。

等級に関しては症状によって大きく変わる傾向にあり、例えばうつ病の場合では、自らが率先して生活を送ることができる方で、仕事を継続することが困難な方の場合では厚生3級が該当しているということができます。

また、著しく生活内容が限定されてしまったり、仕事を行うことが非常に困難な環境に陥ってしまっている方のケースでは、厚生2級や基礎2級が該当しているということができます。

受け取ることのできる障害年金の額面に関しては、厚生年金の方と国民年金の方で大きく変わることになり、例えば厚生2級の方であれば会社員時代に得ていた収入によって違いはありますが、約13万円程度、基礎2級の方であれば、約6万5千円程度の支給が一般的です。

ご家族が存在している方のケースでは、年金に家族分が付加される制度もあるので、積極的に活用してみることが良い方法です。

障害年金の受給に関しては、病気を発症してから直ぐに受け取ることができる内容ではありません。

初診日から1年半の期間が経過していることが必要項目とされているので、初診日を確定することができた方でも、最低でも1年半の期間を通院していることが求められています。

また、申請に当たっては、医師に専用の書類に障害の状況を書き記してもらう診断書を用意してもらうことが必要になるので、医師が見ることができない普段の生活状況などで困っていることがあれば、ノートなどに書き出しを行ってみて、医師に提出する方法で正確な判断を行ってもらうことも不可能ではありません。

この点に関しては、病病が悪化している方の場合では本人が率先して医師と対応することが難しいケースも見られます。

このような状況にいる方の場合では、社労士などを使って依頼をする方法でもスムーズに申請を行うことができます。

実際に申請を行った後に関しては、2ヶ月から3ヶ月間程度の期間を待機することで、国の期間から自宅まで返信が来ることになります。

見事に受給該当者となった方の場合では、厚めの封筒で受給可能な通知とされている証書としおりが入れられているので、直ぐに判断を行うことができます。

一般的な申請の場合ではこのような手順で済ませることができますが、障害年金には遡及という項目も用意されています。

遡及とは過去5年間分の年金を請求することができる方法になり、例えばうつ病を発症していて、初診となる病院に継続して受診、あるいは他の病院に転院をして診察を受けている方が、年金の存在と知らずに生活を送っている方も大勢います。

このような方のケースでは、過去5年間分を遡って請求を行うことができるので、まとまった貯蓄を作ることが可能になります。

年金に関しては、前提として仕事ができない状況にある方が対象者となっていることになるので、症状が緩和されて社会復帰できる方の場合では、積極的に復帰をすることも大切なことです。

逆に症状が悪化してしまい、家から出ることも苦痛に感じとってしまうような方のケースでは、1年や3年、5年間といった支給期間が設けられていることになるので、再び更新を行う方法で継続して受給を続けることもできます。

身体が何かしらの原因で不自由になってしまい、就業することが困難な方が対象者になるので、社会復帰ができるまでの期間に関しては。負い目を感じることなく障害年金を受け取ってみると、生活を安定させることができるので、大きな不安感から解放されることもあります。

同時に障害者手帳などを申請されている方も多く、生活のサポートを万全にしておくことも良い方法です。

→障害年金申請&相談に強い大阪「咲くやこの花法律事務所」相談無料

 

最終更新日:2016年9月1日

ファーストクラッシュのコンセプト

ファーストクラッシュはニキビケアのアイテムとして知られていますが、ファーストクラッシュのコンセプトは洗顔によるニキビケアです。
ニキビ原因は多々ありますが、不衛生もその一つです。
毛穴に汚れが入れば当然「異物」になりますので、やがてはニキビへと発展してしまうものです。
そうそう異物など混入するものではないと思っている人もいるかもしれません。

続きを読む ファーストクラッシュのコンセプト

ゴルフコンペ景品って楽しいです

近年のAKB48のメンバーの活躍には、とても驚かされます。
2013年時点で、音楽業界でCDをいちばん売り上げている歌手といえば、AKB48がダントツで1番ではないでしょうか。
出すCDシングルがすべてミリオンセラーを記録し、国民的アイドルという名前にふさわしいほどの影響力があります。

続きを読む ゴルフコンペ景品って楽しいです