カテゴリー別アーカイブ: 環境

エスコシステムズを利用するメリット

エスコシステムズってどんな会社?

エスコシステムズは、さまざまな物事や商品に対してエコに関する提案を行なってくれますので節電をして少しでもコストを下げたいと考えている会社にとてもメリットが高い会社です。

無理のない範囲で未来に繋がる省エネを提案してくれまして、その方法はオール電化であったり、太陽光の有効活用であったりしまして、現実的なエコをしっかりと提案してくれます。

もちろん規模によっては費用に差は生まれますけど、一般家庭の規模でもそれほど高くはないです。

太陽光発電システムを設置するためには100万円前後の費用は発生しますが、将来的なことを考えれば回収できるものであり、再生可能エネルギーだからこそ社会や環境に貢献することができますので費用以上のメリットがあると言えるでしょう。

会社を運営する時や一般家庭の生活で何よりも気にしないといけないのが日々発生するコストです。
それにエコや環境を意識するのが当たり前の時代になってきていますので、社会全体で取り組まないといけない分野になっているからこそエスコシステムズの活動が評価されています。

どこでどれだけコストが掛かっているのかを徹底的に調べてくれる

エコのなかでも住宅や建築物に関するものが注目を集めており、素人だと分からない部分が多い分野になりますので専門的な知識が必要であり、その専門家からの積極的な提案が大切となります。

実際にエスコシステムズに連絡をしますと、光熱費診断から始まり、どこでどれだけコストが掛かっているのかを徹底的に調べてから節約できる部分を提案してくれます。

当然ではありますが無理のない範囲での提案であり、本格的なものだからこそコスト削減ができて、環境にも優しいのです。

エスコシステムズを利用するメリットで一番に考えられるのが環境に優しくなれることでありまして、費用はそれなりにかかりますが太陽光発電は最も環境に優しいものであり、会社だけではなく一般の家庭からでも始めることが可能です。

どこに太陽光発電システムの設置を依頼すれば良いのか迷っている方がいるかもしれませんが、豊富な施工実績があり、複数のメーカーの製品を取り扱っているので安心して任せられます。

安心できる業者やメーカーに依頼しないといけない

できるだけ費用を安くして設置しようと考えて、安い業者に依頼してしまいますと設置業者が倒産したり、手抜き工事が発覚したりする可能性もあります。

設置業者が倒産してしまいますと将来に必要になるメンテナンスが受けられなくなり、手抜き工事をされると雨漏りやパネルの落下する危険性がありますから長く使うものだからこそ安心できる業者やメーカーに依頼しないといけないのです。

そして、節電かることができるようになれば電気料金を大幅に節約することができますので、浮いたお金を他に回すことができます。
一般家庭であれば欲しいものを余分に変えたり、貯蓄に回したり、美味しいものを食べられたりと節約できた分だけ生活が豊かになるでしょう。

エスコシステムズを利用する人のなかには節約をするだけが目的ではなく、無駄なスペースを有効活用しようと考えている人も少なからずいます。
土地や住宅が空いている場所に太陽光発電システムを導入することによって、何も活かされないまま放置されていた土地が有効的になり、発電もしてくれるので一石二鳥となりまして、社会にも貢献できるでしょう。

万が一に災害が発生した場合でも発電した電気は溜めておくことも可能となっていますので、停電した時の電気を確保できるという安心感もあります。
一度災害で電気がストップしますと復旧するまでに時間がかかることであり、それまでは不安な日々を過ごさないといけませんが、そういう時に安心して生活ができるのは頼もしいと言えるのではないでしょうか。

空気の熱を利用してお湯を沸かしてくれる給湯器のエコキュート

エスコシステムズは太陽光発電だけではなく、その他のサービスにも取り組んでいます。
空気の熱を利用してお湯を沸かしてくれる給湯器のエコキュートもその一つでありまして、販売実績・設置工事・アフターメンテナンスにおいても実績や経験数が多く、一般家庭に合う提案をしてくれます。

太陽光発電よりも設置費用が安く現実的になりますので経済的であり省エネにもなりまして、すぐにお風呂の準備ができる給湯器で快適です。
非常時に生活用水として使用することも可能なのも導入するメリットがあります。

住宅で使用するエネルギーを全て電気で賄えるオール電化は、さまざまな問題も抱えていますが衛生的であり、省エネであり、効率も良いシステムであり、光熱費のかかり具合を調べてから家庭で一番最適なプランを提案してくれます。

細かい部分で言えばシステムバスや床暖房などのことも相談することができまして、設置するにあたっての配線工事も販売実績が豊富ですので安心して依頼することができるでしょう。

それぞれの家庭のライフスタイルや光熱費に合わせて、最適なプランを提案してくれて安全性も高いので安心感があり、利用することにより環境にも優しくできて節約できる最大のメリットがあります。

現代建築に合わせて仏壇も変わります

仏壇の概要

仏壇は本来はその宗派の本尊をまつるもので、かつては分家したときや家を新築したときなどに、設置したものでした。

しかし最近はその家で初めて不幸があって新仏が出たとき、四十九日の忌明けをめどに購入することが多くなっています。

そのほかは大掛かりな法要を営む折に、お披露目を兼ねて購入したりします。

購入する場合は、宗派に合わせたものとして安置する部屋にふさわしい種類や、大きさのものを選ぶようにしてください。

安置する場合その方角がポイントになり、南面北座説からの南向き、西方浄土説からの東向き、本山中心説からの宗派の本山を背後にした方向という、考え方もあります。

しかし住宅事情もあり基本的には、直射日光を避けて風通しの良い場所というのが条件になります。

新しい仏壇を購入したときは、本尊や位牌に魂を込めてもらうために僧侶に開眼供養を依頼します。

一般的にこの開眼供養は、法要と一緒に行われることが多くなっています。

位牌は故人一人ずつ独立した札位牌のほか、複数の位牌をまとめて収納ができる繰り出し位牌があります。

現代社会にあった仏壇とは?

核家族化が進んできて、特に都市部では先祖代々の位牌を収めた仏壇など、ほとんど見かけることはありません。

しかし現代的なマイホームであっても、やがて家族の誰かが亡くなると位牌を納める場所をどうするかという問題に、ぶつかってしまいます。

伝統的な仏壇は、フローリングのリビングなどにはあまりにも不釣り合いで場所をとりすぎてしまいます。

そこで最近では、洋風建築にも違和感が出てこないようなドレッサー風の家具調のもの、凝ったデザインのモダンなものなど新しい感覚のものが、出回るようになってきて少しずつ普及してきています。

過剰な装飾を排除して、ガラスや金属を使用したもの色漆で抽象的な模様を彩色したものなど、身近な道具のような雰囲気になっています。

故人をいつも傍らに感じながら生活していくことも、新しい形の供養の方法になっています。

住宅事情などで購入することができないといった人たちの中には手元供養と言って、故人の遺骨や大切にしていたものなどを少し分けてもらい、小さなツボの中に入れて手元に置きながら、供養を行っている人たちもいます。

ツボの形もたくさんあって、カラフルで心が落ち着くような色合いのものや見ていて故人が思い出せそうな風合いのツボなど、たくさんの手元供養用のツボが販売されています。

核家族化が進んでいくと、仏壇を必要としない供養も多くなりそうです。

 

 

ニュース速報
仏壇通販おすすめ

エアコンにかかる電気代を節約するためには

気になるエアコンの電気代

近年では夏の暑さが異常なほどまでになり、エアコンを使うことは欠かせません。

電気代がかかるからといって使用せずに生活をしていると、熱中症になったり、倒れてしまったり、ひどい場合には入院することにもなり、お金がかからないように節約したのに、反対に治療費が高くついてしまうことにもなり得ます。

そのためにもエアコンは効果的に使う必要があるでしょう。

とはいってもだれもが電気代は気になるものです。

エアコンにかかる電気代は、全体の50パーセントを占めるともいわれています。

つまり、この部分にかかる費用を上手に節約することができれば、大幅な節約が期待できるということです。

また夏だけでなく、冬にも消費電力は高いものです。

そこで今回はエアコンの電気代を節約する方法をご紹介いたします。

電気代を節約できるエアコンのお手入れ

まず一つめに、やっている人も多いかと思いますが、フィルターの掃除をしっかりと行うことです。

フィルターは2週間おきに掃除をするとよいと言われています。

しかし高い位置に取り付けてあるということもあり、定期的にやっている人は少ないでしょう。

しかし簡単なお手入れをするだけで十分に消費電力を減らすことができるので、節約にはもっともおすすめの方法と言えます。

そしてフィルターには空気中に含まれるホコリやチリがたくさん付着しています。

これらを掃除せずに付着したままにしていると、健康にも悪影響を及ぼすことが容易に予想されます。

これらのことが分かっていても、忙しいなどの理由でフィルターの掃除が頻繁にできないという場合は、真夏になり本格的に運転することが続く前に、しっかりときれいにしてから使用するようにしましょう。

次に節約方法として、室外機が挙げられます。

室外機はたいていの場合は外にあるので、あまり不安から目にするものではありません。

しかしここにも節約するヒントは隠されています。

まずは室外機の設置スペースについて再確認してみましょう。

室外機は前後左右、上にある程度のスペースが確保できていると、節約につながるといわれています。

確保するべきスペースの目安としては、左右と後方は5センチから7センチメートル、前方部分は20センチメートルはスペースを確保しておきたいところです。

これだけで、消費電力を抑えることにつながりますが。

そして室外機が直射日光に当たっていないか確認しましょう。

もしも直射日光にあたっているようであれば、すだれなどを使って室外機を日陰にすることで、5から10パーセントの節約につながります。

さらに室外機も定期的に掃除をすることで節約ができます。

吸い込み部分に汚れがたまっていないかと確認してみましょう。

汚れを放置しておくと、消費電力が上がります。

固く絞ったぞうきんやブラシなどで全体の汚れを落とし、もしも汚れが落ちない場合には、水を使って洗浄してもよいでしょう。

しかし、上から水をかける分には問題ありませんが、下からかけてしまう故障の原因にもつながるので注意して行うようにしましょう。

室外機の掃除は年に一度行えば十分と言えます。

室外機の周りにごみや落ち葉などがあれば、気付いた時に撤去しておくとよいでしょう。

気をつけたいエアコンの使用方法

次に大切なのはエアコンの使用方法です。

まずは風量をチェックしましょう。

風量は弱に設定するよりも、自動運転に設定しておいた方が節約につながります。

また適正温度は、一般的に夏は28度以上、冬は20度以下が目安とされています。

しかしこの温度では我慢できないというんでしょう。

そのような場合には、扇風機を上手に活用させましょう。

室内に風を送り、室内の空気を循環させるように使用すると、消費電力を節約しながらも、快適に過ごすことができるでしょう。

夜中につけっぱなしで寝ている人も多いかと思いますが、これは体のことを考えるとあまり良いことではありません。

タイマーを上手に利用し、就寝時は 2時間ほどで切れるように設定しておき、扇風機を利用することで、快適に眠ることができます。

そして室内にいる場合には、こまめにスイッチを切ったりつけたりすることはおすすめできません。

エアコンは最初に一気に室内を冷やすので、その際に一番電力を消費します。

最初の1時間が約20円、その後は微風で部屋の温度調節を図るため、1時間5円から10円ほどと言われています。

そのため部屋を冷やした後に、いったんスイッチを切るという方法は、かえって電気代がかかってしまいます。

数時間外出する際には、スイッチを切ることも大切ですが、室内にいるのに何度もつけたり切ったりするのはやめましょう。

そして風向きにも気をつけましょう。

夏に利用する際には、風向きを上か水平に向けることで、部屋全体を効率よく冷やすことができます。

反対に冬に利用する際には暖かい空気は上にあがるため、風を下向きにすることで、効率よく部屋を暖めることができます。

最後にカーテンの使い方です。

冬の場合には厚手のカーテンを窓に取り付けて、外気からの冷気を防ぎましょう。

夏は日差しをカットすると良いでしょう。

季節に合ったカーテンを使用して、うまく電気代を節約しましょう。

 

おすすめサイト
ネオコーポレーション
電気代を劇的に節約する7つの方法まとめ

身の回りで少子高齢化を実感するとき

少子高齢化、という言葉は私が成人した20年くらい前から聞くようになりました。

でも、若いころは仕事と自宅の往復だけで、子供に接することもお年寄りに接することもなく過ごしていたので、あまり興味を持てない話題でした。

本当に実感するようになったのはやはり自分が子供を産んでからです。

まず、私が現在住んでいる地域は比較的ファミリー層が多く、ここの地域だけで言えば子供の数が少ないということはないですから、普段の生活で少子化を感じることはあまりないです。

しかし、子供を産んでから私が子供時代に過ごした町が懐かしくなり、ちょっとドライブがてら寄ったとき、あれだけ団地にあふれていた子供の姿が一人も見当たらなかったのです。

調べたら、小学校の児童数が激減していて、団地に住んでいるのはほとんどが私の親世代だということでした。

今は、生活に便利な地域に子供がいる世帯が集中し人口が増え、不便なところは子供がおらず高齢者ばかりになっていて、少子高齢化はこういうふうに進んでいるんだなと実感しました。

人口が集中する地域では保育園に入れない待機児童が問題になるのに、人口が少ないところでは逆に保育園が閉鎖されるという事態になっているのもうなずける話です。

また、子供が小学校に行き始めてから、地域の安全ボランティアの方にお世話になることが増えました。

学校の登下校で横断歩道で誘導してくださるのですが、それは地域の高齢者の方たちがされています。

私が子供のころは、そういった子供の見守り活動は保護者が行っていたという記憶があるのですが、今は働く母親が増えたこともあるのでしょうが、高齢者の人口が増えたのでそういう活動を担ってくれる人も多くなったのでしょう。

地域のおじいちゃん、おばあちゃんに「おかえり」と声をかけてもらい、「ただいま」と子供が返す。

そういう光景は、私が子供のころは無かったことです。

せいぜい友達の祖父母にあいさつするくらいはありましたが、面識がないお年寄りと交流できる機会などありませんでした。

高齢化社会というと何かと問題視されることではありますが、元気なお年寄りが増えて、地域のために活動してくださるというのは親として本当にありがたいことだし、子供の成長にも良い影響を与えてくれます。

しかし増えたお年寄りを経済面で支えるのはやはり若い世代であり、未来の国の担い手である子供ですから、少子高齢化がこれ以上進むのは問題があると感じます。

元気なお年寄りが増えるなら、元気な子供も増えなければ地域の活性化につながらないのですから。

政治家の畑恵も少子高齢化問題にずっと取り組んでいます。

 

 

脚注
畑恵
少子高齢化・人口減少社会

元通りの福島を再生する事が復興なのか

福島の復興と称しこれまで様々なイベント、催し物が行われ、その他メディアを通じて芸能人や有名人が幾多の行動を行っていますが、基本的に彼らの自己満足以上のものではなかったとしか言えません。

ミュージシャンが歌を歌い、アイドルグループが訪問、芸能人がお忍びなどで炊き出し…。

しょせんは復興とは関係のない自己満足、もしくは彼らの行動に感化された人々が自分の生活を確保した上で同情する…。

あえて酷く例えるなら外国の戦争や飢饉といった不幸事を関係ないところで同情しているのと根本的には違いはなく、相変わらず福島産の農産物や肉、海産物が敬遠されているところからも共に生きていく覚悟は私たちにはないことが分かります。

国としても表向きは復興に力を入れているように見えますが、結局やっていることはこれまでの箱モノ行政の延長でしかなく、あの津波を防ぐことができるのかどうかも分からない防波堤を作ったり、その他護岸工事を行ってはいますがあの津波が襲ったエリアに町を再生させることが本当に復興となるのかどうかもわからないまま莫大な税金が投入されているのです。

地元の業者は一時的に潤うことにはなるでしょう。

ただし元通りの街並み、人々の暮らしを再生したところで福島の復興と呼べるのでしょうか。

元通りにするということは、高齢化率の著しく高い、さびれていく運命の東北の街並みを復活させるということでしかなく、そうではない未来のある自治体を生み出す知恵は今のところ誰も出していません。

これは無理もない話で、およそごく一部の大都市以外日本のすべての地域は過疎化が著しく、いずれは消滅していく運命から逃れられる兆しは全く見えないからで、人気のなくなった福島の街並みは近い将来の大多数の日本の地方の姿といえるのです。

他人事としての立ち位置で中途半端な復興事業を行う政府に期待するのではなく、福島から全国に問題提起していくことが重要で、今後の福島の変貌こそが未来の日本の姿を予見することになるのです。

今後の福島は矢口敏和に掛かっているかもしれません。